wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

聲の形

2016年、アニメ映画豊作の年。『君の名は。』にはじまり、『聲の形』と『この世界の片隅に』と名作と呼ぶに相応しい映画が立て続けに公開されました。

今回はその三作品の中で、個人的にはイチオシ『聲の形』についてのレビューになります。

 

聲の形

制作:京都アニメーション

監督:山田尚子

原作:大今良時

脚本:吉田玲子

音楽:牛尾憲輔

 

以下は個人的な感想も混じえながら、インタビューやコメンタリーからヒントを得た個人的な考察であり、解釈です。直接内容に触れることもあるので、ネタバレを含む内容になっている事をあらかじめご了承ください。また、表現には気をつけてはいますが、わかりやすさを追求するために、読む人によっては棘のある言葉もあるかも知れません。そちらの方も合わせてご了承ください。

 

 事前情報

本編を観る前に、私は原作を読んでいました。と言いましても、原作を読んだのは数年前で内容はうろ覚え。重要なシーンをなんとなく覚えているという程度で、原作と乖離した点を注視することはありませんでした。作画に定評のある京アニが、あの聲の形を映像化し、それがまた山田尚子×吉田玲子という時点で期待値は相当に高いものでした。

 

導入「My Generation」

水門橋を渡る将也。「人生最大の度胸試し」は失敗に終わり、バックからTHE WHOの「My Generation」が流れてオープニング、小学校時代へ切り替わります。

導入とは打って変わって、絵に描いたようなガキ大将。溌剌とした将也が肩を揺らして闊歩するシーンと「My Generation」が非常に合っています。

 

Sec.1 「硝子との出会い」

ある日転校してきた少女、西宮硝子。聴覚障害を患っており、筆談用のノートを携帯しています。

印象的な映像として、将也がシャーペンの芯をカチカチと出しては戻す。という芝居をしています。

これは「退屈」の表現であると思われます。小学生の将也にとって、「特別」あるいは「異物」のようなものを感じた西宮硝子への興味の表れとして、弄んでいたシャーペンを机に叩きつける芝居があったのではないかと思われます。また作画的なことでは、硝子が筆談用のノートを取り出す芝居をズームで抜かず、身体全体をカメラにおさめてあの芝居をさせたシーンを見て、この作品への京アニの気合を感じました。

 

Sec.2「ディスコミュニケイト」

はじめのうちは打ち解けようとしていた子供たちも、次第に硝子の負うハンデを実感として抱くようになり、想像の範疇をこえたディスコミュニケーションに戸惑いはじめます。声優の演技が印象的なのは合唱のシーン。語弊があるかも知れませんが、身体的にハンデのある人を前にした時の「無力さ」「非力さ」に、居心地の悪さを感じるほどの演技力でした。素晴らしかった。

 

Sec.3「伝う」

次第に周囲と溝が出来ていることを硝子自身自覚している。という描写に感じたのは、上野たちと校庭に出て、上野が避けるように硝子との距離をとるシーンです。将也に「もっと上手くやらないと…」と言われ、砂をかけられるシーンです。「友達になれるかな」のシーンでもあるので、重要で印象的なシーンだと思います。上野がジャングルジムをトートーンと手の平で叩きながら歩くところから、硝子がそのジャングルジムを握って、それを硝子が振動として感じている。というカットが入ります。これはクライマックスのシーンとも関連があると思いますが、「音」「声」を介さず伝わっている、伝わってしまうということもあるよ、というシーンだと思いました。

 

Sec.4「」

 

 

要約「君に生きるのを手伝って欲しい」

 

編集中

スタンバイミー

レンタルしては見ずに返却を繰り返し、幾度目かにしてようやく本編を再生することに成功しました。

と言いますのも、これは「大人が観るべき」映画だと散々聞かされていまして、まだ時期尚早ではないか…?と迷いながらも、とりあえずレンタルしておく。というのが何度もありまして、その都度「いまじゃない」と鑑賞を避けてきました。

そして、ようやく本編をみるに至った訳というのは、ズバリ「断捨離」でございます。

家のものを整理して、いままでなんとなく「使うかも」ととっておいた衣類や「読むかも」と思っていた本をごっそり捨てたり、カーテンを替えたり、布団一式新しくしたり。

まさに「心機一転」な今日に、これほど相応しい映画はないと思い至った訳です。

 

 本編の感想としましては、すごくよかった…!「大人がみるべき」という先人の助言も頷けます。

子供同士の無作法なコミュニケーションと、握手だけで完結する仲直り。

子供時代、全く同じだとは言わないものの、ニュアンスとしてかなり近しいコミュニケーションの取り方をしていた私にとっては、どうかそのままで。と願わずにはいられない。そんな子供達のロードムービーでした。

 印象深かいシーンとしましては、優秀な兄を持つ主人公のコーディとその親友のクリスの掛け合い。

父親は優秀な兄を偏愛し、コーディはその気配に自己否定に陥ります。ある日不運な事故で命を落としてしまった兄と自分とを比べて、どうして僕じゃなかったのか、と自己否定をするシーンです。

そんなコーディを見かねた親友のクリスが「(君のお父さんは)君を知らないだけなんだ」とコーディを慰めます。「君を知らないだけだ」という言葉が、(僕は知っているよ)という信頼によって支えられているような掛け合いで、素直に感動しました。

 

名作と言われる映画に外れがないと経験則で勘付いてはいたものの、漏れることなく本作も素晴らしい映画にだった(ニューシネマの話はやめろ)

6月のバラエティ

・映画

BLAME!

スタンドバイミー

22年目の告白

・アニメ

武装錬金

ロクデナシ魔術師と禁忌教典

月がきれい

エロマンガ先生

・本

 響1〜6巻

僕らはみんな河合荘8巻

・ゲーム

星織ユメミライ

 

フラクタル

タイトルに特に意味はありません。

iPhone SEに機種変更したついでに買った、iPad proを最近メインで使っていまして、記事の管理やらなにやら。原稿書いたりするのもiPad に移行させようと、マジックキーボードを購入しました。

今回の記事はその試運転的な意味合いで書いているだけなので、特にお伝えすることはありません。

最近は環境づくりに専念していて、なんでも形から入るタイプの自分には意外と重要な2ヶ月だったと思います。まず、部屋の模様替えをしました。布団一式を交換したり、カーテンの色を変えて気分転換してみたり。あとは座椅子を新しくしました。

あとはネットの環境も整えたり、下着も含めて衣類を大胆に買い揃えてみたり、新しい腕時計を買ったり。

どれもいい買い物をしたなぁという思いがあるので、気分的には大変満足のいく買い物をができたと思っているので、今後はこのリフレッシュした環境で、色々頑張っていきたいと思います。

今回はこれにて。

 

嫌いだったモノを好きになる。

クリープハイプ「憂、燦々」という曲がありまして。当時はなんとも思わなかったのに、いまは凄く気に入っている。

という曲がここ最近増えつつあります。

色々な音楽を探し回るのは日常自販機な訳ですが、とりわけ気に入ったのはゲスの極み乙女の「パラレルスペック」とクリープハイプの「憂、燦々」だったのです。

あとサカナクションの「新宝島」という曲も気に入りました。

クリープハイプは最近観た映画の『帝一の國』という映画に使われていた「イト」という曲もそこそこ気に入りまして。でも、それは恐らくエンディングで踊っている女優さんが可愛かったというのもありますが。

嫌いだったというか、まるで見向きもしなかったバンドにも惹かれていまして。

THE Winking Owlという群馬発の女性ボーカルバンドなんですけど、音源を聴く感じはめちゃいいです。LIVE映像を見た感じでのパワー不足感は否めないですけど、なんというか立ち振る舞いがもうかっこよくないんですよね。惜しいバンドです。

アニソンで言っても「Oath Sign」など、ちょっと前の曲にハマっています。LiSAはいい曲たくさんもらっていて、作品にも恵まれているシンガーだと思います。

あとは「ようこそジャパリパークへ」ですよね。オーイシお兄さんは天才だと思います。「君じゃなきゃダメみたい」も好きです。

モンキーターン第二期OPの「胸いっぱいのこの愛を誰よりも君に」という曲はどこで手に入るんですかね、探し回っているんですけど、非公式な音源ばかりです。公式仕事しろ。

そんなこんなで、箇条書きに近いですが最近の音楽関係でした。

ついでに新調したイヤホンですが、またまたSHUREです。215SPEという、SHUREの中でも人気のあのクリアブルーのイヤホンです。

エージング期間は3か月ほどですが、コスパは最高だと思います。

DB式のイヤホンに手が出したいけど価格が気になるよ。という方はこれを買っておけば間違いないと思います。もしくはSE215clですね。

どちらもエントリーモデルとはいえ、一万円を超える買い物になるでしょうから、実際に聴き比べてみることをオススメします。

SHUREは315clと215clと535ltdを試していますが、215clが一番しっくりきています。端末はiPod classiciPhone SEです。

元からめちゃフラットな端末で聞いているしEQの類も全く使わないので、味付けがない方がもとより好みなんだと思います。

まま音で楽しみたい人は215clで、ちょい音圧マシたい人は215speという感じですかね。

喫茶店にて

メモ的な扱い以外でこのブログを開くのは随分久しいようです。近況としまして特に変わったこともなく、健康とは言い難いですが、床に臥せることなくやっとります。

最近観た映画で『カッコーの巣の上で』という洋画の名作がありました。

内容は決して明るいものではないのですが、登場人物と共に笑いたくなるような仲間意識を覚えたり。それが大きな力で弾圧されていくところに遣る瀬無さを覚えたり。

映画と、いままで変わらない付き合い方が出来ていることを、本当に幸せに思います。

同級生は忙しなく、ルーティーン化された日常からはみ出た瞬間を、餌を投げ入れられた魚のように燥ぎたてるのです。本当に些細な出来事を少し疲れた表情で、得意げに話たりするのです。

映画の話がしたい。音楽の話がしたい。

それらが好きな、趣味の合う人を探せばいいなんて、そんな寂しいことは聞きたくなかった。自分が得意げに話すから、退屈そうに聞いていてほしい。

君達と話がしたい。

そうつい最近思い知ったのであります。友人を持つというのはこういうことだと、本当の友人を持たない人たちにもわかってほしい。そう、思うのでありました。

4月のバラエティ

映画

 夜は短し歩けよ乙女

美しき刺

アメリカン・ハッスル

アバウト・タイム

パルプ・フィクション

漫画

るろうに剣心

モンキーターン

監獄学園 24

 ドラマ

リーガル・ハイ

ライアーゲーム