読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

今期は豊作の予感…!

ユーフォニアム2、なんとか持ち直した。というのは、最初の2話くらいは良かったんですが、4話みぞれ関連はリアリティのない芝居掛かった展開で、響け!の作品の雰囲気を一変させてしまうのでは、と危惧するほどでした。

というのは、みぞれがオーボエを吹く理由然り。「現実にはいないだろうな」と感じてしまうほどに、アニメキャラクターらしくなっていたのが原因だと思います。

ここできちんと久美子が「こんな理由で楽器を演奏している人がいるなんて、思いもしなかった」という視聴者(私)の代弁(のような台詞)を言ってくれたり、明日香が「結局一人が怖いからでしょ?優子ちゃんは保険だね。人って案外、打算的な…」と、ユーフォらしい展開に持って行ってくれたので、なんとか持ち直したといった感想です。

演出面では、優子がみぞれを日陰から引っ張り上げるシーンがスローになる辺り、昨今の京都アニメーションらしく、わかりやすく親切な映像作りに感じました。

5話は圧巻のBパートでしたね…。短めのAパートから、三日月の舞フルのBパート。個人的にはBパート前半で、全国への熱い想いを語るあすかの姿に自然と涙が…。滝先生のように、あすかはあすかで秘めた情熱があるのかも知れません。

演奏シーンは使い回し&修正含む、各パートのキャラクターのアップ。普段は見えない部員までハッキリ描かれているし、リアルの演奏をそのままアニメにすると止まっているように見えるそうですが(AB!のメイキングで岸監督がそのようなことを仰っていました)かと言って、不自然な芝居になりすぎないよう演奏シーンを見せ続ける、とっても難しいシーンだと素人目に見てもわかりましたが…。

さすが京都アニメーション。これは作画諸々、自信がなくては出来ない「神回」というやつだったろうと思います。というかカット数おかしいでしょ…。カット数が多くて原画が多くて動画が多くて…とにかく枚数使ってりゃ正義!みたいな。安直な映像に対する美徳は好ましくないと思いますが、こと今回のユーフォニアムに関しては素晴らしいものでした。

 

それにしても、今期は録画リストに中々蓄えがたまらない。スルスルと消化できていて、翌週を楽しみに待つ感覚が懐かしくらいです。

響け!ユーフォニアム2

舟を編む

終末のイゼッタ

3月のライオン

オカルティックナイン

 どれも面白いです。 でもやっぱり、響け!が一番いいかな。

 

収支表

ついに近所で甘一騎当千を打てる店がなくなってしまった。ショックだ。

なんだかんだで一番好きだった甘デジかも知れないと思うくらい打ち込みました。たぶん甘で3万発超えたのは一騎当千エヴァ8とペルソナくらいですね。

そして最近のパチスロについてなんですが、また収支表をつけはじめました。

以前も収支表を細かくつけていたんですよ。エナしては流してー、みたいな。

非効率的だけど、台ごとの欠損とか大まかでもわかってた方が楽しかったんですよ。

その理由は「勝っていたから」

でもね、あんまりガツガツ打たなくなって、収支を付けるモチベーションみたいなものが無くなってしまったんですよ。

それで収支表を付けるのはやめたんですけど、またつけ始めることにしました。

その理由は「負け過ぎているから」

平打ちってほどでもない。ちゃんと設定入るとかで打ったり(6確出したりしてます)、プラマイゼロライン攻めたり、たまに美味しい台打ったりして、できる範囲のことはしてるつもりなんです。

それでも頗る負けるんですよ。

私ももう社会に出る訳ですから、その辺りはキチンと財布と相談して遊べるようにならなきゃいけないなぁと痛感する日々でして、パチンコやパチスロに対する付き合い方を変えて行かなきゃと思った次第です。 

でもまぁ、今日の負けはしょうがない。リノに貯金してきました。後で降ろしに行きます(フラグ)

リノとかアステカとか、面白い台は出てくるから、それを適当に楽しめたらいいよね。

凪のあすからも楽しみだし、パチンコの仮面ライダーはもう少し打ち込みたいですな。あとダンバイン

久しぶりに音楽の話。

最近知った「カラスは真っ白」というバンドのCDを借りてきて聴いています。きっかけは、演奏してみた系の動画投稿をしているグッピーさんの弾いていた 9番目の「?」 という曲です。グッピーさんのワンマスがかっこいいので、その曲はグッピーさんの演奏で聴いてみて欲しいかも。

ここ最近、女性ボーカルのバンドを物色していたので思わぬ出会いでした。

SHISHAMOという女性バンドの「君と夏フェス」という曲を気に入りアルバムを借りたものの、その他ピンと来る曲がなくて、また探さなくてはと思っていたところでした。

演奏レベルが高いので、ライブでのボーカルの力不足感が不安で仕方がありませんが、音源で聴く分にはいいです。まぁライブを見る機会はきっとないです。

アベフトシばりのカッティングチェケチェケなテレキャスソングが多い(ような気がする)ので、そういうのが好きな人にはオススメ。(下記リンクは全く毛色の違うものですが)

女性バンドのライブでのパワー不足を考えると、やっぱり我々世代ドンピシャのチャットモンチーはパワフルでいいバンドだったなぁと思います。

カラスは真っ白 魔法陣より愛を込めて

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/NvmvBpAAwrI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

10月のバラエティ

・アニメ

ハンドレッド

キングゲイナー

ガリレイドンナ

閃光のナイトレイド

ラストエグザイル

 

気になるアニメーター

この前なんとなく見漁っていたら発見した。

阿部慎吾さんというアニメーター。

ロボット系の作画をメインでやっているらしく、ザムドやスタドラで自分が漠然と好きだと感じていたシーンの原画をしていたことがつい最近わかった。

自分は作画フェチとかではないけど、SEと映像だけで唸れるような戦闘シーンは大好物です。

ロボ系は作画重視される傾向にあるように感じていますが、なかでも劇場版スタドラの作画(サーカスなど)は見ごたえ抜群なのでオススメです。

作画という話になると、やはり古い作品(あくまでも自分にとって)を勧めてくれる方がいらっしゃるのですが、基本的には映像が鮮明な作品を好んでいるので、マクロスプラスとかその辺りをみれていないんですよね。ちょい前のロボ系アニメとかガンダムシリーズは作画よさそうですよね…。(なんとなく)

塗りから撮影から含めての「作画」ってことで、かっこいい作画求めてます。

逆にFateなど、ufotableのこれでもかっ!ってくらいの撮影も好きじゃないんですよね。あれはゲームだったらいいと思うんですけど。

その点やはり新海誠は自分にとって特別なんでしょうね。

君の名は。」での撮影も嫌いじゃない。まぁufotableとはまったくもって毛色の違う撮影ではありますしね。

人物の作画とか表情は安定感ありました。いままでのは結構ヒヤヒヤしますからね。特に人物の作画が、画面上ヒキの時は「これはしょうがない」とか思いながら見てました。ヒキのシーンで崩れて見えないのはキャラデの問題でもあるのかな…。それか拡大作画を要求しているとか?簡略化した時の書き方とかも指示されているでしょうから、キャラデなんですかねぇ…。

9月のバラエティ

・映画

君の名は。

聲の形

真夜中のカーボーイ

シーサイドスクワッド

劇場版ガールズ&パンツァー(ウルティラナイト)

 

・アニメ

甘々と稲妻

モブサイコ100

 

22才の別れ

君の名は。』の記事を絶賛編集中です。考察と言わないまでも、長ったらしく色々書いているので時間がかかっています。

『聲の形』も観たんですけど、『君の名は。』に匹敵する良作でした。ジャンルが違うし、受けるのは後者でしょうけど、オススメです。

いやーしかし、ムーブメントって少し怖いですね。五郎丸から火がついて、いまや現地で観戦するスポーツとしてはラグビーが一番集客があるみたいですね。それに新海監督の異常なフューチャー。インタビューで、監督自身も評価と実力が必ずしも一致しているとは思っていない。というようなことを仰っていましたし、これは謙遜というよりも、客観的にそう感じているんだろうという印象でした。

最近は「この大空に、翼を広げて cruise sign」というVitaコンシューマのゲームを仕入れまして、そちらを少しずつ進めています。

あとは『とある飛空士への誓約』も読み進めています。『響け!ユーフォニアム』の文庫はアニメ第一期にあたるのが一巻でして、その先を読み進めてしまうと十月から放送開始のTVシリーズ第二期と重複してしまうので手つかず。

君の名は。』の三葉サイドストーリーのようなものが文庫であるそうで、そちらは少し興味があります。

ちなみに10月放送開始のアニメは、3月のライオン、響け!ユーフォアニム2、舟を編む、終末のイゼッタ、クラシカロイド、オカルティクナインを視聴予定です。

そんな感じです。

スロット関連でいえば、SLOT魔法少女まどかマギカ2がホールデビューですね。いずれ打つでしょうけど、いまはガルパン喰霊ブラクラ2くらいしか打ちたい台がないです。

そして、本日誕生日を迎えました。22歳、ゾロ目です。