読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

響け!ユーフォニアム2

遂に終わってしまいました。

第1期放映当初からどハマりしまして、原作にまで手をつけ、挙句5回も劇場に赴いた総集編はBlu-ray購入にまで至りました。

原作はアニメを追体験するような形で読み進めているので、本編が果たしてここで完結なのかは正確には未確認ですが、最終話の幕引きは完結を迎えたかのようでした。

一応、原作は立華高校の番外編など、シリーズとして出ているようなので、続きが作れないこともないようですが…。

一先ず、これにて響け!ユーフォニアム完結ということでよろしいようです。

ぶっちゃけた話をすれば、第1期の方が好きでした。第2期はドラマチックではありますが、響け!に感じていたリアリティのようなものから距離をとり、より久美子が色々な舞台へと視聴者を連れて行く誘導者として動いているのが露骨になってしまっていて、かなり芝居掛かった展開になっていたように感じました。

それに伴い、キャラクターそのものは増えましたが、掘り下げ方が直線的で、第1期と比較してキャラ立ちが弱いです。それは主要4キャラであった葉月と緑がサブキャラにまで成り下がってしまったが故でもあります。

これは本編の情報量が多かったことが影響しているようですが、構成としてはいまひとつだったと思います。

第1期から入るファンがほとんどで、彼女らにスポットを当てることが出来なかったというのは残念がる人が多いのは想定できたでしょう。

とはいえ、良かった点も多数あります。

全体的通してクオリティは折り紙つきですが、第5話Bパートは300タイトルほどアニメを見てきて、初めてあんなBパートを見たなと思いました。

第1期から劇場版の新規カットから、何から何まで引っ張り出しておいて、演奏は恐らく再レコーディングしたいわば関西大会ver.とでも言えるであろう三日月の舞。

テレビの前でついつい拍手をしてしまいました。

京アニ作品特有の、観た後にちょっと贅沢をした気分になれる感覚を味わえました。

役者の芝居に関して言えば、黒沢ともよは声を作る演技は避けて、かなり日常会話に近い芝居をしたらいい芝居をする声優さんだなぁと思いました。デレマスを観たときとは、良い意味で印象が全く違いました。

第1期の上手くなりたい…!のシーンと、あすかに思いの丈をぶつけるシーンなど。久美子の本心を吐露する芝居がすごくて、あの二つのシーンは響け!を通しても好きなシーンです。

それ以外だと、私は存じ上げませんでしたが、種崎敦美という声優さんが素晴らしかったのと、東山奈央の声質がキャラのパーソナリティとリンクしていていいなぁと思ったくらいでした。桑島法子にはもうちょっと喋って欲しかったです。

以上、第2期の総評でした。

今後の展開がどうなるのかはわかりませんが、劇場作品でもなんでも付き合うので、また新しく響け!が観れることを願って、終わります。

 

 

 

1月のバラエティ

・映画

ファンタスティックビースト

この世界の片隅に

・アニメ

エウレカセブンAO

true tears

プリンセスラバー!

Occultic:Nine

・本

食戟のソーマ22巻

・ゲーム

FAINAL FANTASY X

蒼き革命のヴァルキュリア

2016年パチスロ

今年も様々な遊技台が出まして、すべての機種を打ち込んだわけではないですが、個人的に気に入ったり、これからも打てそうな機種を振り返ろうと思います。

一概に「打ちたい台」と一括りにするのは案外難しくて、「6が入るなら」という条件であったり、逆に「1上等で打つなら」という風に、条件によって「打ちたい台」は変わってくるわけです。

それらを踏まえ、特に気に入ったベスト3を第3位から順にまとめていきます。

 

第3位 アステカ~太陽の紋章~

四号機のCT機、「サボ維持」で有名な技術介入機「アステカ」が満を持して新基準5号機として登場ということで、導入前の注目度は高かった本機。新内規スペックやら、パチスロ史上初のプロジェクションマッピング技術の応用と、ユニバーサルの新筐体。

私も四号機当時とは言わないまでも、その存在は知っていて、実際にスロゲーセンなんかで触ってみたこともあったアステカ。

沖ドキ、GOD、バジ絆、まどマギなど。ユニバがホールのメイン機種として稼働している時期でもあったので、ユニバの新台というだけで、設定的な意味合いでも期待感は大きかった。

しかしながら、実際に導入されると周知の通り、即通路。理由として挙げられるのは、機械割の面で専業が好んで打つようなスペックでもなく(A+ART機で6の割が110%)、導入するまで一切の情報を公開しないという荒業が、打ち手の探究心を煽るどころか、その真髄に至る前にお客様はお手上げ。設定看破の要素もなければ、どのタイミングで、どんな確率で抽選が行われているのか分かるはずもなく、熱くなれるポイントがわかりません。ホールにあるのは当然1が殆どなわけで、設定を狙うなら絆やまどマギなど。当時の主要機種に行くのがセオリーでした。

では実際に解析が出揃ってどうか。

これがちゃんと面白かったし、設定看破のしがいがある良い台だったんですね。

小役の役割やバランスもわかりやすく、ボーナスの役割なんかも明らかになりまして。

ART中の状態によるCTの抽選などもわかって、低確滞在時に引く弱役の役割や、サボテンによる直乗せの頻度なんかも現実的で、かつ恩恵もそれなり。

ボーナスも通常であれば滞在状態を参照に強チリと同様のCZ抽選されていたり、ART中は50%でCTなど役割が大きい。

バランスの取れた上に、SCTなどA+ART機らしい事故要素も盛り込まれ、魂の祭壇などのプレミアムフラグも搭載。

それに加えて、設定1の機械割が99.3%と甘かったので、低設定をツモったリスクも低いんですね。

しかし、これがやはりホールが撤去に至った理由でもあって、稼働は取れないのに低設定を置いても抜けないとあっては、客もホールも必要に感じない台だったということです。

 

第2位 ゲッターマウス

こちらもアステカ同様、リメイク機ですね。アクロスシリーズで一番好きです。当時のゲッターマウスはわかりませんが、今作のゲッターマウスの魅力は何と言ってもそのボーナス確率でしょう。

低設定の甘さと、簡単な技術介入と、シンプルな予告音。

けれど出目は単調にならず、予告音やランプの点灯によって狙うポイントを変えて、我々五号機世代が意識的にやることの少ない「リールを止めるこで成立しているフラグを絞る作業」を楽しめる画期的な台だったと思います。

そして、従来のアクロスシリーズよりもボーナス合算を軽くすることで、リーチ目を作るチャンスが増え、当たる楽しさを実感できる良き台でもあります。

私が気に入ったポイントはその予告音だけに留まらず、順ハサミにすることで「第3停止で小役ハズレ目を作る」ことができるというところですね。

これは普通じゃないか?と思われそうな文章です。例えば、花火やクラコレなど、順ハサミでの小役ハズレ目は「小役orボーナス」の出目になる場合が殆ど。そこから第3停止で小役を狙ってハズレたら小役ハズレでリーチ目

けれど、ゲッターマウスの順ハサミは「第二停止の時点では全くのハズレ目を第3停止でリーチ目に昇格させることができる」のです。(ハナビでは通常出目でも入り目はありましたが、あれはフラッシュを伴った通常出目であって、出目としてリーチ目として呼ぶには相応しくないと思っています)つまり、順ハサミした時はただのハズレ目で、第3停止を押すことで中段オレンジハズレになったりするんですね。

スイカも一枚役になっていたり、様々な一枚役が重複することで、花火やクラコレのように変則押しをして小役を取りこぼしたらどうしよう。という我々のようなビギナーにとっても、様々なポイントを探り探り打つ楽しさを教えてくれた台でもあります。

 

第1位 凪のあすから

ネットから出たA+RT搭載機。こちらもフル攻略での機械割が甘く、その難易度は程々。

4コマ滑り、小役ハズレや演出矛盾、設定看破要素の豊富さ。小役やボーナス出現率など、出玉率に直結しない部分での看破要素は液晶搭載機ならではであったり、エピソード形式のRTは原作を丁寧に扱っていることも伺えます。

「RT搭載機のボーナスは重たい」アクロスシリーズやなく頃にシリーズは、設定1上等でも打てるというセールスポイントとは裏腹に、ツモる必要性がない。とりわけボーナスの確立が上がるわけでもなく、寧ろボーナスそのものは設定看破の材料にすらならないという台が殆ど。

そんな中で、この凪のあすからは違って、設定6の合算が1/137と優秀で「ツモれば当たる」という、設定を追及することにも楽しさを見いだせる台に仕上がっていると言えます。

この台の特徴として大きいのは、リプレイ重複頻度とその演出にあります。五年後の世界ステージはボーナス示唆ステージとなっていて、リプレイと同時にステージチェンジするので、これも液晶搭載機ならではの熱くなれるポイント。

目押しを正確にすることで、同時成立確定の出目など。小役優先制御ならではの出目を崇めたりする意外と通な一面もあります。

そんなもの要らないという方も安心で、演出のバランスや小役ナビの頻度を任意で変えることもできます。

適度な技術介入と、高設定のスペックなど、文句の付け所のない出来だと思います。

ぜひノーマルバラエティで長生きして欲しい台です。

 

その他にもマジカルハロウィン5、クランキーセレブレーション、コードギアスR2、デッドオアアライブ5など。なんだかんだで面白いと思える台は多く、ホール全体の動きとしても、旧台の再導入でエウレカ2、初代ギアスなどの高設定を触れる機会もあって、かなりよかった年だなぁと思います。

そこで今年で一番打ち込んだ台ですが、おそらくエウレカ2、初代まどマギコードギアスR2のいずれかじゃないかと思います。ここ最近で打ち込んでいるのは間違いなく凪のあすからで、次いでコードギアスR2だと思われます。

12月のバラエティ

・アニメ

一騎当千

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。

日常

響け!ユーフォニアム2

舟を編む

・漫画

プラチナエンド1〜4巻

純愛ジャンキー5巻

11月のバラエティ

・アニメ

かんなぎ

人生

アスタロッテのおもちゃ!

アマガミ(絢辻詞編+)

・映画

聲の形(チネチッタLIVE ZOUND)

響け!ユーフォアム(AC春日部ウルティラ)

グッドウィルハンティング/旅立ち

・本

ニセコイ(完結)

・ゲーム

この大空に、翼をひろげて

アマガミ

 

1日中、響け!

朝も早くから、イオンシネマ春日部にてウルティラ上映の劇場版響け!を観に行きました。期間限定上映で、イオンシネマの誇る独自規格「ウルティラ」による特別上映でした。

ウルティラとは、イオンシネマ独自規格の大画面、高画質、高音質を謳ったスクリーンで、4DXのように特別な動きはありませんが、全てにおいて最高グレードを追求した大スクリーンになっています。

今回の響け!に関してはしっかりと調整されていて、通常上映に比べ、ハッキリとその音量や音響の違いがわかるほど。

台詞のシーンからは感じ取れない重低音が演奏シーンではジリジリと鳴り、台詞や高音も耳に刺さることのない程度の良い音量マシ。

端的に言って、最高でした…!

響け!の良さを120%引き出していたと思います。

さて、ウルティラでみる響け!の感動も一入。

午後は第一回、響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部の定期演奏会を鑑賞しました。

洗足学園のフレッシュマンウィンドアンサンブルオーケストラ2014、実際に作中の楽曲を演奏している方々の演奏を生で聴ける貴重な機会ということでした。

こちらでは、作中に演奏される北宇治の演奏はもちろん、洛秀や立華高校のマーチング曲など。

面白かったのは、滝先生の指導前指導後という風に、アニメーション内での北宇治の成長ぶりを追体験できるよう、敢えて下手に演奏してみせるというものでした。

暴れん坊将軍は、それはもう名に恥じぬ暴れっぷりで、これはこれで貴重な機会でした。

そして、ゲストには田中あすか役の寿さんもいらっしゃって、曲や作品についてのお話も聞けました。

個人的に気に入ったのは、地獄のオルフェと三日月の舞です。

吹奏楽は演奏する団体によって構成が変わっていたりするようです。

「地獄のオルフェ」に関しては、あの有名な「運動会ソング」とは全くの別物ではないかと感じさせるほどにドラマチックで、それでいてメルヘンチックな、お伽話のような旋律もあったりと、いままで抱いていた「天国と地獄」に対する認識がガラリと変わりました。

「三日月の舞」は、堀川奈美恵という架空の人物による作曲で、松田彬人さんによる響け!オリジナル楽曲です。

そしてそして、劇場版響け!のエンドロールで流れるTRUEさんのオーケストラver.DREAM SOLISTERを、TRUEさんご本人による生演奏での独唱。

サウンドスケープもオーケストラ仕様で歌ってくださって、響け!ファンとしては感無量。

それぞれの作詞をご自身でなさっているので、その歌詞やジャケット写真に込められたメッセージなど。

トークも含めてとても満足な定期演奏会でした。

響け!2も佳境に差し掛かっています。響け!関連のイベントは是が非でも参加したいと思っているので、早速Blu-rayの予約を済ませることにします。

 

 

 

 

 

生徒会役員共

どうしてこんなに生徒会役員共が好きなのか、自分でもイマイチ理解できない。こういう形で好きになったアニメはこの作品だけで、自分にとっては非常に特別なタイトルになってしまった『生徒会役員共』だったのですが…。

遂に、OVA含めたすべてのアニメーションを見終えてしまった。もう残りがないと考えると寂しい、辛い、出会う前に戻りたい。そうだ、また観よう。

漫画の方は連載中なので、彼女らに会えない訳ではないのだが…。どうやら私はアニメの桜才生徒会に夢中のようで、漫画を手に取ってはみたものの、どうにも馴染まない。

理由として挙げられるのは、声優がハマっていること(これを聞いて声優さんがどう思われるか疑問だが)くらいしか思い浮かばない。

内容が面白い?→そんなことはない。キャラが可愛い?→特筆して可愛いわけではない。他人に勧めたい?→自分の嗜好を誤解されそうで怖いので、むしろ勧めたくない。

ほんと、なんで好きなんだ?!三期はまだかッ?!