読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

花咲くいろは

アニメ

アニメーション制作会社:P.A.works

監督:安藤真裕

脚本:岡田麿理

キャラクター原案:岸田メル

キャラデザ総作監:関口可奈美

スタッフの説明は以上です。P.A.の作るアニメは気持ちよく見れるアニメが多いですね。絵柄の特徴なんかは一目見てP.A.だとわかるくらい強いんでわざわざ言うようなことでもないのですが。ストーリーそのものもP.A.にはP.A.の色があるように感じます。激しい戦闘シーンなんかは見たことがないと思いますし、メタリックな絵もみたことがないかも。

簡潔に説明するとリセッシュアニメです。画面から飛沫のように瑞々しさや若さが溢れてくるのですが、時に作り物の少し苦手な香りがする。そんなイメージです。さて、今回は脚本がまりぃですね。らしいと言えばらしいのかも知れませんけど、エグみみたいなのものが少なく感じましたが、ところどころ面倒くさい女達ではありますが。キャラクター個人個人にグッと寄るよりも、その人間関係を通してキャラをぐるりと魅せる作品が多い方に感じますね。キャラの作り方がみな長所も短所もあり、リアリティも追求されているのだと思います。言葉のチョイスも良い意味でちょっとダサクサかったりしますね。

キャラ原案と作画。正直驚きました。これは良くも悪くもです。これは岸田メルがキャラを作る必要があったんでしょうか?どのような経緯で岸田メルがキャラ原案を担当することになったのかは不明。失礼ですが、名前ばかりです。彼がキャラを作る必要がないくらい関口可奈美です。岸田メルについても特別詳しいわけではないのですが、彼の個展などを見る限り。岸田メルらしさがアニメのキャラデザでは全くない。これを意図してそう見えないようにしているのならば、それがよしとされて採用したのでしょうけど。なんだか腑に落ちない。「岸田メルが原案!」って銘打ってる割には、彼のファンは満足だったんだろうか。まぁアニメのキャラデザはどの作品でも、原案→キャラデザで大きく変わりますけどね。制作会社によっても基本統一感は見られますし。まぁP.A.は特にそれが強すぎるんですけどね。良いか悪いかは置いておいて、絵柄のマンネリ化などは退屈ではあります。各話の作監は確認できていませんが、よくいえば安定した作画。悪く言えばつまらない作画。細かいキャラクターの芝居なんかは覚えてないですけど、特別凝ってると感じたところは記憶にありません。背景などは広角で綺麗です。P.A.作品はちゃんと作られてる感じがしていいですね。昨今のハーレムアニメ然りラノベ原作のアニメ作品の大半が比較対象にもならないほど酷いので。

肝心な内容ですが、平凡な生活をしてきた「私って現実的なんだ」と夢のなかった緒花が、ひょんなことから祖母の旅館に住まうことになり、住むなら働け。となかば強制的に旅館で仲居として働き出します。そこには同い年くらいの女子が、板前になりたいと修業をしていたり、自分らしくありたいと自分磨きも兼ねて修業をいていたりします。夢のない緒花、現実から少し離れた場所でどう成長していくのか。というのが見どころです。

今回話したい部分は緒花の母親について。彼女は物語のはじまりから男性にだらしないように見せられます。作中では緒花の父にあたる男性に対して「出会えただけで幸せだった」というシーンがあったり、緒花を娘に持った自分と厳格すぎるほどに厳格であった母親とを比べて「母親が正しくないってのは、幸せなことよ」というシーンがあったりします。私はそんな母親が今作では一番身近に感じることができました。葛藤のあるなか思い悩み、躓き。かといってストイックと言うほどではなく、だらしない部分もあり。

劇場版では緒花の母親にも焦点があたります。全体的な構成としては、色々な視点からの家族が描かれています。幼少の頃から何事にも秀でた才能を見せる緒花の母、我が道を行く系女子の彼女は若い力を持て余し、田舎の風習や伝統など。悪く言えば、融通の利かない文化に対してのヘイトが溜まっていました。そんな彼女が田舎を飛び出すきっかけが後に旦那となるカメラマンです。彼を追いかけて、彼女は雑誌の編集になることを決意して上京します。緒花が産まれ、不幸にも女手一人で育てることとなった母親が、喜翠荘へ帰省しようとするシーンがあります。そこで遂に、自分の母親の背中を見た彼女は、母親の正しさを飲み込んで、母親を頼らんと踵を返します。そのシーンがとてもいいです。

駆け足ですが、いろはの総評。個人的には面白い作品でした。過大評価をされているとも思いますが。作品を見る年齢によってかなり受ける印象が違うかなと思いました。緒花のように、何かしたいけど何もない。そんな気持ちを抱いている高校生くらいの年齢の人には響くのではないでしょうか。個人的には特別好きなキャラが出来なかったのが残念でもあり、そこはこの作品の弱かった部分なのかなと思います。無個性だというわけではないのですが、やはりどこか面倒くさい人間が多いです。楽曲が好きで、ハナノイロと夢路がいいですね。夢路のイントロの音数が増えていく感じとギターのリズムが爽やかで、そのあとのブリッミュートがいい感じに機能して、サビの空間系ディレイの壮大で爽やかな雰囲気がより良劇場ED感を増しているように思います。歌詞もいろはらしくていいと思います。