読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

この大空に、翼をひろげて CRUISE SIGN

この大空に、翼をひろげて CRUISE SIGN」のメインシナリオを読破。あとはフライトダイアリーなどのアフターストリーを残すのみで、そろそろ新しいゲームを仕入れたい今日この頃。

個人的には小鳥√が一番好きでした。ソアリング部アフターストーリーも小鳥√から開放されていたらしく、小鳥ヒロインのアフターでした。

キャラ、シナリオ共に小鳥が一番好きだったと思います。次いで天音、ほたるの順でキャラは好きです。シナリオに関しては、他は特別面白いとは…。特に残念だった点は、依瑠√が二股エンドだったことです。亜紗√はちゃんと個別√なのに…。

全体の感想としては、毒にも薬にもならないといういかにもなギャルゲーで、非常に狙っている客層のわかりやすい作品だったように思います。

これは非難しているのではなくて、こういう作品を探している人は見つけやすいパッケージで、手に取ったイメージのままで好感が持てたという意味です。

しかし評判が良かっただけに、なんだか意外性みたいなものを求めていた自分がいて、拍子抜けであったことも事実です。

どうやら大空チームが「見上げてごらん、夜空の星を」というシリーズ物を作ったそうなので、そちらもvitaコンシューマが進んで評判が良ければやろうと思います。

そして、コンシューマ版がいよいよ発売となったマブラブシリーズ。そして来年には、個人的に期待を寄せている「蒼き革命のヴァルキュリア」の発売。

色々と作品が出揃う中、実は次やる作品はなんとなく決まっています。それはまた後日ご報告ということで。