読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

喫茶店にて

メモ的な扱い以外でこのブログを開くのは随分久しいようです。近況としまして特に変わったこともなく、健康とは言い難いですが、床に臥せることなくやっとります。

最近観た映画で『カッコーの巣の上で』という洋画の名作がありました。

内容は決して明るいものではないのですが、登場人物と共に笑いたくなるような仲間意識を覚えたり。それが大きな力で弾圧されていくところに遣る瀬無さを覚えたり。

映画と、いままで変わらない付き合い方が出来ていることを、本当に幸せに思います。

同級生は忙しなく、ルーティーン化された日常からはみ出た瞬間を、餌を投げ入れられた魚のように燥ぎたてるのです。本当に些細な出来事を少し疲れた表情で、得意げに話たりするのです。

映画の話がしたい。音楽の話がしたい。

それらが好きな、趣味の合う人を探せばいいなんて、そんな寂しいことは聞きたくなかった。自分が得意げに話すから、退屈そうに聞いていてほしい。

君達と話がしたい。

そうつい最近思い知ったのであります。友人を持つというのはこういうことだと、本当の友人を持たない人たちにもわかってほしい。そう、思うのでありました。