wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

あれは恋でした。

上半期が過ぎて、今年も半分が終わってしまいましたが、皆様、いががお過ごしでしょうか。

私めは何一つとして代わり映えのしない日々ではありますが、それなりな半年間だったのではないかと感じております。

アニメーションは映画化されるものが多く、TVシリーズものの愉しみ方を少し見失っている感はあります。音響や映像の完成度を体感し易い劇場上映に好んで足を向けた結果が、こういった皺寄せで表れてしまったのは不本意ではありますが。

しかしながら、下半期には響け!の劇場上映が決まっていて、また足繁く映画館に通う未来を想像するのは雑作もないわけでして。今年もどっぷりユーフォニアムにはまれるのは素直に嬉しいです。

音楽の方では最近いい出会いがありました。

The Winking Owl というバンドと、ヨルシカというアーティストです。

ウィンキンは群馬県発のバンドということで、個人的には応援しています。バンドのライブを楽しむのは不得手でして、特にFèsみたいな体力勝負はもうお手上げ。小さなハコで、近場でライブがあるようなら行ってみようと思います。

ヨルシカは最近よく聴いていた「靴の花火」という曲を書いた人で、最近うpされてた「言って」といいのも気持ちがよくてまたいいんですね。

7月9日に新宿BLAZEのライブに行くことにしました。Ivy to Fraudulent Game以外では久しぶりのライブなので、そういう意味でも楽しみです。

そんなところで、近況でした。

https://youtu.be/BCt9lS_Uv_Y