wash

アニメの感想メインに、ギャンブルも少々。

あの話します。

再三嘆かれてきた黎明期にいよいよ突入するかもよ。

という風に、各方面から区区たる論述展開をされいる出玉規制問題。延いては、法改正や依存症についてのお話に一応触れおきます。

ユーザー様は目にしたことと思いますが、パチンコパチスロにおいて、主に出玉に関する部分で規制が入りますよ、との通達があり、実現ということにどうやらなりそう。

その内容を簡単に言うと「いまある遊技機は射幸性が高いよ、もっと遊技機として適正な基準を設けるよ」って感じです。これにより依存症(ギャンブル等依存症)を抑制することに繋がる。というのがお上のお言葉です。

 

「射幸性(心)」と「ギャンブル等依存症」

射幸性(心):偶然に得られる利益をあてにする。要は、楽して儲からねーかなー!みたいなこと。固定ハンドルが禁止されている理由でもありますね。一般人の方のためにもっとわかりやすく言えば「まだまだ取り戻せる!(その負け額を取り戻せるだけの出玉を見込める)」って思わせるような、それじゃいかんよってのがお上の言い分。5万円負けてても取り返せるかも!そう思わせるような台は遊技機の範囲じゃないよってこと。

 

ギャンブル等依存症:色々な基準があり、臨床が必要になるので「はい、ここからここ!」みたいな具体的な境界の見えにくい依存症。これは臨床判断が必要なものでもあって、素人が「いやいや、これは依存症じゃないっしょ!」って判断することのできない問題。

つまり勝ってたら依存症じゃないとか、仕事感覚ならとか、使っちゃいけないお金使ったらとか、そういうことじゃないんですよね。病気の一つですから、専門医にかからなきゃわからない。

ギャンブル等依存症による弊害は、周知の事例を敢えて挙げると、赤子の車内放置など、痛ましい事件が一度や二度ではなく起こっている。その他にも破産して家庭崩壊、またはその苛立ちによる器物損壊など様々。依存症は他の依存症やうつ病を併発するケースが多く、ただのパチンコ依存だけで済まなないという恐ろしさもある。つまり、パチンコパチスロをあくまでも遊技と存在を主張するのなら、ここはしっかりと考えていかなければいけない問題でもある。

 

ユーザーとしての意見

規制に関しては残念と言えば残念ではあるけれど、様々な規制の流れがいままでのパチスロの歴史を作ってきたと言っても過言ではないので、今回の規制もある意味では楽しみな部分もあります。

パチンコの設定導入なんかは、いままでボーダー理論で勝ってきたユーザーは意気消沈し、前のめりに攻略しようとしない人も出てくると思うので、新たな層にチャンスがあるかも知れません。

パチスロの規制も、僕はいまの新基準機が日の目をみるには出玉に上限をつけるしかない!と考えていたタイプなので、楽しみな部分もあります。収支も安定してくれればいいですね。

今回の規制では出玉の上限のみで、下限はいままでと同じだと捉えています。下限はつけないで欲しいですね。負けない仕様=勝てない仕様ですから。ちゃんとパチンコ屋に利益が出るような作りになっていないと、還元することができませんからね。

それと少し悪口ですが、規制がどんどん、これからもキツくなるだろうねって話は何度も上がってきてたのに、いまになってようやく動き出す各媒体の人達。遅いでしょ。本当にパチンコパチスロが好きだから俺はやるぞ!みたいに意気込んでる人達。じゃあなんでいまなのよって話。もっと早くやるべきだったでしょ。

そしてやるならちゃんと風適法に関する知識、依存症に関する知識を頭に叩き込んでから発言して欲しい。そういう人らが来店!とかオフ会!とかやって規制に拍車をかけているの見てると、本当におもしろくないからさ。

そしてメーカーに対しては、それでも俺達絶対面白い台作るから!そういう姿勢でいて欲しい。気になる版権があれば一先ず触りたくなるし、新しいシステムや筐体にも触れたい。メーカー、本当に頑張ってくれ。いや、まじで。

メディアに露出のある人も同じ。嘆くばかりはよしてよ、それでもやっぱりスロットおもしれえって、パチンコおもしれえって、俺ら絶対に伝えますから!って熱意のある人達でいて欲しい。

そんじゃこの辺で。